« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

現在のクレマチスの状態ですパート2

Photo_3 こちらは、ほしくてほしくってたまらなかったガイゼルです。風車さんのブログで知って以来...そうしましたら、とうとう見つけてしまったのです。迷わず連れて帰ってしまいました。思わず店内をスキップしそうでした。

Photo_4 こちらは、ガンジークリームです。まだ一輪しか咲いておりません。

Photo_5 こちらは、星のフラメンコです。もうちょっと赤く咲いてほしいのですが。あずきママさんに教えていただいたバッドグアノ(この辺のホームセンターにありますかね?)というのを使用しようと思っております。

Photo_6 こちらは、ブルーライトの蕾です。早く咲かないかしら!!とプレッシャーをかけております。

Photo_7 こちらは、おやじさまと競っている(勝手に)篭口の蕾です。金属製のトレリスにからませておりましたが、ラティスに変更いたしました。おやじさまの篭口の状況はいかがでしょうか?

| | コメント (18) | トラックバック (0)

ブドウ園の剪定が終わりましたので...

Photo 午後植えなおしや手直しをしたので、大好きなオステオスペルマムのお花が閉じております。ビニールハウスで越冬したものは元気に開花しているのですが、発泡スチロールで越冬したものは、眠りから覚めたばかりのようで、あまりぱっとしません。もっとボリュームがでましたら、またアップいたします。

Photo_2 いつもは、ピンク、ブラック、パープルが主なのですが、なぜか昨年の秋に購入したものは青系が多いです。

2008_03290019 大好きな、ブルーデージーです。斑入りもそうでない物も好きです。

2008_03290020 このビオラは、ハウスの中でも徒長せず良い品種だと思います。

2008_03290016 やはりオステオスペルマムはたまりません。毎年よせば良いのに種を蒔いたり(昨年はさすがにやめましたが)挿し木をしたり...。でも、結局オレンジ、黄色、白、ピンク、赤と買ってしまうのでした。

本当は昨日更新する予定でしたが、ココログが混雑していたのか写真のアップに時間がかかりすぎて今日になってしまいました。

ブドウ園の剪定一次はやっと終了したのですが、まだまだ作業は続くのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

ブドウ園のクリスマスローズです!

1 これは、ブドウ園の棚のしたで無事越冬しましたクリスマスローズです。やはり近所の方に「ジョセフィーヌさんはお花が好きだから、あげます」と言われていただいた大切なお花です。名前はわかりません。

Photo クリスマスローズの撮影は難しいですね。皆さんのお写真はとてもきれいに撮影されていますので、コツを教えてくださいませ。よろしくお願いいたします。

3 何だか背中を向けられたような...って自分で背後から撮影しただけですが...。

4 仕方がないので、真正面から撮影してしまいました。何だか趣きも感じられない画像になってしまいました。これも名前がわかりませんが、私が購入するものはきっと安価なものだと思います。でも、あの重い雪の下でも耐えてやっと咲いてくれたクリスマスローズに感謝しております。1_2

それから、こちらはついでなのですが趣味にビーズアクセサリー制作と書いておいて今まで何もアップしていなかったのでごらんになってくださいませ。

2 ディスプレイには慣れておりませんので、お見苦しいと思われますがお許しくださいませ。

3_2 これらは、〇〇ゴスティーニという毎月2回発刊されるものです。最近は忙しくなってしまったので、今月限りで購入するのをやめました。友人に「ちゃんと寝ているの?」と聞かれましたが、好きなことをやっている時は、寝るのがもったいないです。先日同じ名前の同級生が亡くなってしまいました。お葬式に行って参りましたが、同じ名前なので自分のお葬式のような気分にもなってしまいました。とても綺麗な方で、自由奔放に生きているように見えたのですが...。若すぎる死にとまどいを隠せません。なので、私は余計に好きな事も思い切りやりたくなってしまいました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

柿生咲き始めました!!

2 とうとう柿生咲き始めました。長男が入寮し心にぽっかりと空いた穴を一瞬埋めてくれるような、鮮やかな青みがかったピンク色のお花です。ピンク・シャンパンという名で海外に出回っている、故小澤一薫氏作出のクレマチスです。このクレマチスを本で見たとき一目惚れしました。春〇〇園芸センターさんからすぐ取り寄せました。どうしてもほしかったのです。昨年から咲き始めたのですが、毎年私に期待以上のお花を見せてくれます。実はもう一鉢ちびちゃんがあります。実は先に購入したものが凍死してしまったと思って、写真の柿生を購入したのですが、地中にちゃんと小さな芽が育っていたのです。蕾をいくつか付けていますので、咲きましたらアップいたします。

3 美花です。うっとりしてしまいました。こんな美しいお花を作出してくださった小澤氏に感謝いたします。

4 こちらは、昨年の柿生です。今年の花色の方がちょっぴり好みです。土は毎年カインズホームの美しい花を咲かせる土というのと、赤玉小粒、腐葉土、マグアンプ小粒です。今年はマグアンプの代わりに余ったアスパラにょきにょき(アスパラで使用禁止になった肥料です)を適当に混ぜました。

2_2 こちらは、例のストーブをつけ忘れた時に花芯を凍らせてしまった昨年のお花です。全く別のお花のようです。この写真を見て反省しどんなに寒くても、夜寝る前に外に出てハウスのストーブにちゃんと火がついているか確認しました。多分もう凍みることは無いとは思います。今年は 無事に咲いてくれて安心しました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

クレマチス現状報告です!!

Photo こちらは、ウェッセルトンです。まだ、おちびさんなので一輪だけなのですが、何とか咲いてくれました。

Photo_3 こちらは、フランセスリビスです。昨年は、植え替えをさぼったせいで花数が昨年より少ないです。

Photo_4 こちらは、柿生です。あともう少しです。昨年は、3月13日にはほぼ満開でしたが、今年はこんな状態です。昨年の反省を活かし気合でここまできましたので、とても開花が楽しみなのです。

Photo_5 こちらは、レッドスターの蕾です。まだまだですね。

Photo_6 キンポウゲ科とキク科、ユリ科にめっぽう弱いわたくしですが、実は...ケシ科にも大変弱いのです。コマクサを昨年秋に購入してしまいました。本当にどれだけ植物を愛すれば満足できるのか...まったく...。

昨日は、とうとう我が家の暴れん坊息子(長男)が無事中学校を卒業いたしました。在学中は本当に数々の事件を起こしてくれて(野球の方が色々あったかも...汗)、後で思い出せば笑えることばかりですが、担任の先生をはじめ野球チームの監督、コーチ、父母会長、並びにお世話になった父母の方々には言葉では言い尽くせないほど感謝しております。少しずつこちらでも暴露させていただいておりますが(温かい言葉をかけていただき感謝しております)、かわいい優しい息子なのです。ただ、よそのお子様よりちょっぴり元気なだけなのです。周りの方々がとても包容力があるので、とても助けられました。特に野球チームの父母会長。元気の良い“がった坊主”が好きなようで、「またお前かぁ~」と良いながらも我が家の息子も随分励ましてくださいました。事件は色々ありましたので、卒業式は感無量でした。あと3日で、高校の寮に入ります(涙)。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

お向かいの方からのプレゼントです!

2008_03150002_6 ご近所の方にも私が花狂いだということが知れ渡っておりますので、蘭展に行ってきたお土産だといって私にプレゼントしてくださいました。感激ですっ!!

2008_03150003 このお花“ラブ・キャッスル”っていう名前です。愛のお城ですか?本当は、蘭やカトレアに憧れているのですが、温室が無いので無理なのです...。どうしましょう!?せっかく頂いたので大切にしたいのですが...。やはり温室を持った方に頼るしかなさそうです。責任重大です。

2008_03150005 こちらは、先日の続きの割り箸苗のダッチェスオブエジンバラです。順調に育っております。

2008_03150009_2 

こちらは、お約束のレッドクラーです。二つかわいい蕾を付けてくれておりますが、咲いてくれますでしょうか?

2008_03150019 こちらは、ミセス・エヌ・トンプソンです。これが今の私の悩みの種なんです。芽の数が多すぎて一体どうしたら良いのか...。参っております。芽欠きをすればよいのでしょうか?このままだとロクなお花が咲きそうにない気がするのです。どなたか良いお知恵を貸してくださいませ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

我が家の割り箸苗ちゃんたちです!

2008_03130002 先日あずきママさんのブログで割り箸苗の記事がありました。そう言えば、私もけっこう割り箸苗のファンなのです。小さいのですが、育てる楽しみもあります。こちらは、満州黄です。確か昨年購入したものだと思いました。ちゃんと蕾も3つ付いております。

Photo こちらは、ミス東京です。何とか蕾が付いております。とても楽しみです。

Photo_2 こちらは、伊勢原です。蕾にピントが合っておりません。下の葉にピントが行ってしまいました。

Photo_3 こちらは、お見合い写真では黄色のお花で八重という金星です。本当かしら?

Photo_4 こちらが、金星の蕾のアップです。本当に八重っぽいとおもいませんか?産毛が生えているようでとてもカワイイのです。咲いたらまたアップいたしますので、ぜひご覧下さいませ。

実は、レッドクラーの蕾をアップしようと思っておりましたのに、肝心な物を撮影するのを忘れました。また次回にアップいたします。開花株も素敵ですが、安価な割り箸苗も主婦にはちょっぴり夢があります。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

善光寺に行ってまいりました

Photo こちらは、現在のドクターラッペルです。すごい勢いです。昨年は手入れが悪かったのか、ハウスに置いた位置が問題だったのかあまりぱっとしたお花を見ることができませんでしたのでcoldsweats02、今年はなるべく丁寧に扱おうと思っております。置いた位置もハウスの中央で日当たり良好です。今のところ順調に育っておりますheart04

Photo_2

今日は、本当にお天気も気候も良く本当にガーデニング日和でしたが、旦那さまと愛息にどうしても一緒に善光寺にお参り行こうと誘われ...“牛に引かれて善光寺参り”ではなく愛息に引かれて...になってしましました。

Photo_3 こちらが善光寺多分本堂だと思います。小学校5年生の時に見学に行ったのですが、それ以来...何十年振り?で、訪れました。中はとても素晴らしく、年を重ねたせいか新鮮な感動がありました。ただ残念なのが撮影禁止でして、写真をお見せできません。是非訪れて一度ご覧いただきたいです。地下に真っ暗い迷路のような通路があり、壁を伝って歩きます。まったく見えないので目をつぶって歩いているようです。前の方の腰に何度も頭をぶつけてしまい、ひたすら謝り続けてしまいましたが、目的の「カギ」に触ることができとても感激しました。

1 こちらは、裏手にある3重の塔です。本当はこちらから入ったのです。人がほとんど居なかったのでとても静かでしたし、松の木の香りがとてもすがすがしい気分にさせてくれました。

実は沢山写真を撮影したのですが、とにかく日曜日で人出が多く沢山の方が写ってしまっていて(お忍びで出かけておられる方も...もしかしたらですが)アップできませんでした。

長男とこんなふうにゆっくり出かけられるのも今日が最後かも知れません。今月末に高校の寮に入ってしまいます。いつも私の愚痴を聞いてくれ、優しい言葉をそっとかけてくれるのでとても癒されていました。そんな長男が家から居なくなるのはとても寂しく思います。やんちゃで怪我ばかりして、カルテの内科の部分は空白、外科には何度もかかっていた長男はかかりつけのお医者様に「お母さんにあまり心配をかけるな!」と注意されるほどの人でした。が、枠に収まらないとても楽しい息子です。あぁ~色々考えると辛くなるので、この辺で...。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

蕾続々登場です!

Photo こちらは、柿生の蕾です。けっこう沢山付いているのですが、これからが勝負なのです。昨年は、ストーブを点けたつもりで点いていなくて蕾が凍ってしまい咲くには咲いてくれたのですが、花芯が黒くなって別の花のようになってしまいました。その写真を見るたびに責められている気がしてなりません。うらめしや~なんて...(汗)。

Photo_2 こちらは、スランセスビリスです。とても沢山お花が咲きます。今年は少し蕾の数が少ないような気がします。

Photo_4 こちらは、華(花)炎の蕾です。昨年はあまり良い花形ではなかったので、今年はとても期待しているのですが。

Photo_5 こちらは、ビビアンペンネルの蕾です。今ビニールハウスの中で一番勢いが良い株です。蕾も沢山ついていますし、今年はどんなお花なのでしょうか?八重に咲いてくれるでしょうか?蕾の上で葉がバッテンをしているような姿が笑えます。

Photo_6 こちらは、スカーレットの芽です。これがジョセフィーヌのコレクションの中で一番高価な物だったと思います。自分へのごほうびに購入したものです。無事芽が出てくれてホッとしております。高価な物は気が気じゃないです。 チビ苗でしたら、いったい何鉢買えることか...。

これからが、正念場なのです。寒い日はストーブを点けるのですが、その見極めが難しいのです。油断大敵なのです!!正直お泊りで出かけられないのです。朝寒かったからと言ってハウスのドアを開け忘れると昼間36度以上になっていて真っ青になります。どうして、こんな事を始めちゃったのかしら...?と悲しくなる日もありますが、開花が始まるとそんな努力も忘れてうっとりします。今日は液肥をあげていたのですが、散歩をされていたおじさまに声をかけられました。「今年も、きれいに咲きますかね?いつもきれいに咲いているからね。」なんて嬉しい言葉をかけてくださいました。でも、ビニールハウスは一昨年からなので、そんなに歴史は無いのですが。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »