« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

園芸家しんさんの温室ですっ!!ご覧くださいませ。

信州は(私の部屋も!)、寒いです。ハイビスカスやゼラニウム、ストレプトカーパス、カトレアなどは我が家では到底越冬できないので近所の園芸家しんさんの温室に入れていただいております。今日は、その温室の様子をご覧くださいませ。

1 この画像は、ハウスの入り口から撮影したものです。この温室は25度くらいに設定されているのでカメラのレンズがいきなり曇ってしまいました。

2 こちらのサボテンは、しんさんが高校生の時から育てているらしいです。団塊の世代なので、え~っと45年くらいでしょうか?私の頭より大きいのです。

3_2

しんさんの温室には沢山の植物がありますが、多肉植物が一番お好きな様子です。

1_2 これも名前がわかりませんが、好みです。以前おねだりしていただいたのですが、ダメにしてしまったのでおねだりしないことにしました。

2_2 これ、カワイイお花ですよね。何ともいえません。

Photo フクシアです。フクシアも色々ありましたが、こちらが一番素敵に咲いておりましたので。

Photo_2 しんさんは、ブーゲンビリアも色々な種類をお持ちです。暖かい所に旅行しては購入してくるらしいです。

ランタナやノボタン、インパチェンス、ベコニアなども満開なのですが撮影しきれませんでした。温室はとても暖かいですし、お互いに植物好きなので話しは尽きず...。園芸店に行くよりも、しんさんの温室の方が楽しかったりする時もあります。ただ、クレマチスはあまり興味は無さそうです。お庭にも数株しかありませんから、私の挿し木したものをプレゼントしてきました。ご迷惑じゃなければ良いのですが...。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

種蒔きや挿し木の様子です。

Photo こちらは、昨年の秋蒔いたクレマチスの芽です。素焼きの鉢に挿し木用の土を敷きそこに蒔いたのです。昨年も沢山種が採れましたので、混ぜ混ぜにして適当に蒔いたので、品種は不明です。まだ地上に出てきてはいませんが、地中で発芽しているものも合わせますと、100近くもあります。

Photo_2 昨年の種蒔きで反省し、今年はちゃんと全てに名札を付けました。この画像の倍以上の種蒔きをしました。果たして結果は...。ワクワクです。

Photo_3 こちらは、挿し木が成功しポットに植え替えしたものです。これは一部で、バラも挿し木をしてみました。バラの方が発根率が高いような気がします。もう寒さで、こんなに葉の色が黄色くなってしまいました。フロリダ系ので、木が完全に枯れているのに根がしっかり出ているものもあり、驚きました。果たして芽は出るのでしょうか?

No4__2 お花が無いとつまらないので、ご覧くださいませ。こちらの画像は、先日行われた地区の文化祭に出品した写真に使用したものです。これを額に入れ(画像の処理と、額はある方が協力してくださってとても素敵に仕上がったのです)飾ってもらったのですが、残念ながらその日は息子の野球の当番になってしまい、 一日中山の中のグランドで凍えておりまして展示された写真を見ることができませんでした。トホホです。来年こそは、1枚だけでなくアルバムなども展示したいのですが、クレマチスキチガイだと地区の大勢の方に気付かれてしまいそうで、ちょっぴり恐怖ですね。

先日亡くなってしまった、おじの庭にはとてもとても立派な松の木があります。庭師が手入れをしていたので、枝振りも見事でした。私はおじの家を訪ねるたびに見とれていたのですが、おじが亡くなったらすぐにその松の木は、すっかり枯れてしまいました。やはり主人を失った木はショックだったのでしょう。我が家のアスパラも実は、義父が亡くなった年に枯れそうになりました。植え替えを真剣に考えるほどにまで枯れかけていました。その年は、今までの倍の量(私の素人判断でしたが)の鶏糞をまきました(120袋です)。翌年から少しずつ回復してくれたのでした。3年ほどかかってやっと元のように元気になりました。そんな事があったので、松の木が枯れてしまったのは本当に悲しかったです。昨日は義母を車に乗せておじの家に行ったので、また枯れた松の木を見てそんな事を思い出していました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

畑の様子です。ご覧くださいませ。

ここのところ快晴が続いていますね。畑の仕事もはかどるはず...なのに...。とうとう疲れが出てしまい、やっと今日畑に行ってまいりました。

Photo この美しい実、何かおわかりになりますか?そうですっ!!アスパラの実です。中に黒い種がいくつか入っていて、こぼれると来年発芽します。すご~く沢山生えてしまうので木を焼却した後、面倒なのですが、ほうきではいたり拾ったりします。これを怠ると緑の絨毯のようになってしまうのです。一度懲りておりますので、雪が降るまで辛抱強く拾います。

Photo_2

こちらは、紅葉が始まったブドウ園です。ブドウが無いと寂しい風景ですね。

1 こちらは、ブドウの棚の下に植わっている菊です。

Photo_3 こちらも菊です。

Photo_4 こちらも菊です。名前はいずれもわかりません。あと黄色と白も一緒に植わっています。きっと義母がまとめて植えたものだと思います。私は菊も大好きなので、毎年ブドウが終わった後は、この菊の開花をとても楽しみにしております。

先日、旦那さまがブドウ園の草刈を黙ってしてくれました。感謝はしているのですが、草刈をしたと聞いた瞬間いやな予感が...。せっかく生え揃ったクリスマスローズと復活したモンタナがまた刈り取られているのではないかしら?と...。今日確認しましたら、全て無事でした。ホッと胸を撫で下ろした私です。旦那さまごめんなさい。反省。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

多肉植物の寄せ植え&過去のクレマチスのお家をご覧くださいませ!

昨晩は、●●女性部の講習会でした。多肉植物の寄せ植えをしました。

Photo こんな感じです。6種類植え込みました。お花屋さんの店長さんが先生として教えてくださいます。講習会の後は、茶話会なのです。私が一番若輩ものなのです。皆農業の先輩で、色々教えてくださいます。年齢関係なく、とても楽しい集まりなのです。でも、どちらかと言うと義母の年齢に近い...半分以上は、お姑さんの立場の方ですね。

Photo_4 以前クレマチスのお家の様子をアップしてくださいというお申し出がありまして、開花の様子はご覧いただいたのですが、多分この画像はちょっぴり恥ずかしくてアップできなかったと思います。アップ済みでしたら、ごめんなさい。冬のクレマチスのお家の様子です。剪定と植え替えも終わった状態です。ストーブは氷点下10度くらいになりそうな夜に焚きます。雪が積もった夜などです。家にばかり閉じこもっているのが嫌なので、ここで過ごすのはとても楽しいのです。

Photo_5 この画像は、上のと逆方向から撮影したものです。上のはすっきりしているのですが、こちらはジャングル状態ですね。でも、とてもとても幸せなシーズンなのです。今年5月23日頃の画像です。

3_2 こちらは、上の画像を向かって左だとするとこちらは右の景色です。ビルデリオンをセンターにして左右の景色なのです。来年はこれ以上の開花を目指したいですね。

先日近親者(旦那さまのおじです)の葬儀になってしまいました。その前にはその方のお見舞い後長男の野球部の試合の応援、次の日は次男の練習試合相手チームの接待のための汁物作り、その翌日地区の運動会と慰労会(この日にお亡くなりになってしまいました。)、その翌日納棺、葬儀に参列する方の我が家への宿泊などなど多忙でした。 ご高齢でしたので、肺炎には太刀打ちできなかったようです。亡くなる前に、2度お見舞いに伺いました。何もしてあげられなかったので、手を握ってきました。やっと生きているという感じのおじが力を振り絞って、私の手を握りかえしてくれました。旦那さまのおじですが、お互いに情もあったと思います。田舎特有の“はね親”というのに、なっていただいていたのです。今思うのは、そのおじが本当にこの世には存在しなくなってしまってとても寂しいということです。口数が少ない方だったのですが、賢くて手先がとても器用な方でした。「どうか安らかにお眠りくださいませ。色々とお世話になりありがとうございました。」と申したいです。

写真撮影もままならず...。今日はとうとう疲れてしまい、またまた過去の画像でした。すみません。久々に、クレマチス&バラの水遣りをしましたらなぜか元気になったのです。不思議です。葉っぱを触ったり、名前を確認したり...。それだけで、何だかパワーをもらいましたね。 またまた感謝でした。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

秋のバラをご覧くださいませ。

バラが咲き始めました。

Photo こちらは、粉粧楼です。美しいピンク色です。

Photo_2 こちらは、ホワイトクリスマスです。とても濃厚な香りがします。お花に顔を近づけて深呼吸をします。うっとりします。

Photo_3 こちらは、黒真珠です。秋はいっそう美しく咲いてくれます。

Photo_4 こちらは、パットオースチンです。鮮やかなオレンジ色です。花持ちはよくありませんが、これだけ美しいと許せちゃいますね。

Photo_5 こちらは、緑光です。お花は小さいですが、房咲きで美しいお花です。

Photo_6 こちらは、私がバラにはまるきっかけとなったクロネンボーグ(ピースの枝変わりです)です。花びらの裏と表の色が違って美しいのです。私は花びらの裏と表の色が違うお花にひかれてしまうのです。

Photo_7 ラストは、うららです。鮮やかなピンクです。手入れが良ければ沢山のお花を咲かせてくれます。

クレマチスのフロリダ系が蕾を付け始めてくれているのですが、果たして無事に開花までたどりつけるか不安です。霜が降りたらアウトですから...。でも、クレマチスは寒さにもあわせなければいけないのですよね。なので、霜に何度かあわせてからビニールハウス(クレマチスの家と呼んでおります)に入れます。と申しますか、骨組だけになっているハウスにビニールを張ります。今年は、日よけをしましたので水遣りが楽でした。何とか暑い夏も無事に乗り越えてくれました。ちょっぴりホッとしております。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

薄紫?青?色のクレマチスです。懲りずにご覧くださいませ!!

 アップ済みのクレマチスコレクションにお付き合いいただき、感謝しております。画像の整理をしていて時間のたつのも忘れて夢中になってしまいました。美的センスもない画像ですが、お付き合いくださいますようお願いいたします。

Photo 八重の中では一押しのブルーライトです。ハウスの骨組みが影になっておりお見苦しいですが、お花は立派に?咲いております。

2008_0420 こちらは、ヴィヴィアンペンネルです。今年はとにかく沢山のお花を咲かせてくれました。欲を申せば八重咲きを目指したいですね。

2008_0422 こちらは、彰子です。繊細な薄紫とシベの赤紫がとても素敵なお花です。

2008_0424 こちらは、栂池です。美しい花形です。 

Photo_5

こちらは、マルチブルーです。このお花は、撮影が難しく美しい色合いがこの画像では表現できていません。シベがカタログや本と違っていて個性的でお気に入りです。

2008_0429_2 こちらは、聖です。薄い青色が美しいお花です。

2008_04301 こちらは、むさしのです。見ればみるほど花びらの模様が繊細です。今年新入りのお花です。

Photo_2 こちらは、シェイラサッカーです。すごく沢山のお花を咲かせてくれました。ちょっぴり画像が暗いですね。

Photo_3 こちらは、パステルブルーです。とても小さな幼苗で購入して、4年目でこれだけ立派になってくれました。ベランダ園芸からのお付き合いです。よく生きながらえてくれていると思います。

Photo_4 こちらは、お好きな方もかなり沢山いらっしゃると思われます、ベノサバイオレシアです。名前を覚えるのが大変なお花ですが、とても美しく多花性で魅力的なお花です。

2 ラストは、美佐世です。このお花も繊細で、とても美しいです。私は花びらのふちの色が違うものが好きです。

私のお気に入りコレクションにお付き合いくださり感謝しております。アップしきれないものも沢山ありますが、また来年ご期待くださいませ。今年は、できすぎ!!と思うくらい、素敵に咲いてくれました。長男が県外に行ってしまうということで、寂しく思わないように園芸にも打ち込みました。その結果がこれらです。写真撮影の技術も向上させてもっともっとクレマチスの魅力を最大限表現した美しい写真をアップできたらいいなぁと思っております。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

収穫の秋ですね。

お気に入り特集をしてまいりましたが、私の畑をご覧くださいませ。

Photo 現在のアスパラ畑です。今年は病気知らず、害虫もちょっとで済んでいるようなのですが、雑草がとにかく凄い勢いです。どうしましょう!?

Photo_2 人参&大根一本です。今年は良いできだと思います。柔らかくっておいしいです。

Photo_3 こちらは、大根です。昨年は11月13日(この日は特別な日ですっ!)に収穫いたしました。

Photo_4 こちらは、激辛の唐辛子!!昨日この唐辛子を使って、辛子味噌を作ってみました。あまりに猛烈な唐辛子の匂いに義母がむせておりました。もちろん作っていたのは、この私なのにですよ!!「よく何ともないじゃない」と言われてしまいました。だって私辛い食べ物大好きですから。辛いと言えば...旦那さまとの初デートに、私はとても辛いカレー(本場インド料理のお店)のお店をすすめました。そこのキーマカレーは最高なのです。辛さもさることながら、香辛料の香りの良さと私好みの味!!ところが旦那さまは一口食べたら汗びっしょりでした。それ以来そのお店に行っていませんが。また行きたいですね。

Photo_5 こちらは、家の庭に植わっておりますコルチカム(ですか?)です。

Photo_6 こちらは、秋から冬の間園芸家のしんさんに預かってもらっているゼラニウムです。もう少ししましたら、またお別れです。

Photo_7 ジョセフィーヌです。薄いいろですが、一生懸命咲いてくれています。

Photo_8 スターオブインディアです。ブドウの作業をして疲れて帰って来る私に元気を与えてくれたお花です。

Photo_9 ビーズジュビリーです。色が薄いのと蔓が絡み合っているので、最初は何が咲いているのかわかりませんでした。

Photo_10 ラストは、ロイヤルベロアーズです。こんなに美しくさいてくれています。今年はよく咲いてくれました。以前はヴィチセラ系には興味が無かったのですが、今では愛しい存在です。

次回は薄紫?&青系?の特集をいたします。ぜひご覧くださいませ。さ~て、夕ご飯の支度ですっ!!頑張りましょう!!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

白いクレマチスです。

すみません。新たに撮影しました写真をアップする予定でしたが、白いクレマチスをアップいたします。ご覧くださいませ。多分...質素な記事になるかもしれません。私は派手派手好みなはずなのですが、意外に白も沢山ありました。

2008_0411 こちらは、月宮殿です。黄色いクレマチスという評判のお花ですが、私が思うに美しいクリーミィホワイトです。咲き始めが特に美しいお花です。

2008_0416 こちらは、土岐です。白いクレマチスの中でも特におすすめの品種です。気品に溢れたお花なのです。写真写りも良いのです。

2008_0418 こちらは、ミスベイツマンです。毎年よく咲いてくれます。チャームポイントは、シベの赤紫です。

2008_0430 こちらは、白雪姫です。花びらが純白です。うっとりするような素敵なお花です。

2008_0502 こちらは、雪の粧(よそおい)です。まだ株が小さいのにいきなり八重で咲く品種です。

2008_0502_2

こちらは、満州黄です。大輪系の交配種として活躍したお花だとか...。それを聞いて興味津々でしたのに、未だに交配にチャレンジしたことがありません。

2008_0503 こちらは、ジリアンブレイズです。以前購入したときはお亡くなりになってしまって、とても悔しくて再度購入したお花です。私好みのフリフリですね。

2008_0503_2 こちらは、小町(間違えました)小雪です。お花は小さめですが、沢山咲いてくれます。

2008_0508 こちらは、フルディーンです。花びらにツヤがあってとても素敵なお花なのです。多花性でお気に入りのお花です。

Photo こちらは、ガンジークリームです。丸くってちょっぴり緑がかっている花びらが好きです。

Photo_2 あれっ?白じゃないの?と思われましたか?ドロシーウォルトンの後ろに雪小町がありますので。でも、雪小町ってほんのり藤色も入っておりましたね。白のみじゃちょっぴり味気なかったのでラストは、この写真にいたしました。

次回は、青?薄紫?のクレマチスの特集にいたします。予定が変わってすみません。今回もお付き合いいただきましてありがとうございました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »